スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

つぶのお葬式、そして私たちからつぶへの最後のプレゼント


さて、予告通り家族であげたお葬式、そして私たちがつぶに作ったものを書きたいと思います。




つぶが死んでしまって2週間が経ちますが家の前にはこのような白い跡が。

IMG_9367.jpg

これは私たちがこのような箱を作った時に付いた木工用ボンドの跡です




IMG_8993.jpg

板と角材はホームセンターで切ってもらいボンドで組み立て。




私たちとつぶが朝帰りして、つぶはずっと寝てるし人間は出たり入ったりしてるので訝しがっているチワワズ。

IMG_8988.jpg
あたしたちずっと放ったらかして何やってるの?

つぶにプレゼント作ってるのよ。



ボンドでは強度に超難有りだったのでテープでぐるりと巻きました。テープは私の提案でしたがこれは上手く行きました。人は切羽詰まるとひらめくものですね。そして、ふたになる板も。

IMG_8998.jpg



もうおわかりだと思いますが、これはつぶの棺です。15日早朝につぶと一緒に家に戻って来て、近くのお寺で翌日の朝火葬してもらう予約をしました。そして棺は自分で、ダンボールで良いとのことでした。つぶは病院できれにしてもらって長い脚を投げ出したのびのびリラックスポーズで帰って来ましたのでその格好のつぶが入るダンボールは売ってませんでした。もうネットでは間に合わないし、問い合わせたら木でも良いと言われたので作りました。確か100センチ╳80センチ、高さは35センチ、だったかな。


昔夫がつぶにご飯台を作ってあげたことがあるのですが、その時と同じで釘は使わずボンド、そして今回はテープも。釘を使わずこんなに大きなものを作るのは宮大工か私たちかというところでしょうか。とにかくがんばりました。




ご飯台を作った時の記録、興味のある方はこちらから☞夫、がんばる



その日は夫の家族と私の母が来てくれました。つぶはみんなに可愛がられていたしみんなのことが好きでしたので嬉しかったと思います。翌朝お葬式の前に車に乗せ、チワワたちも一緒につぶが一番好きだった山に行きました。蜂と蛇がいるからまた冬になったら行こうねと言っていましたが冬になる前に連れて行ってあげることができました。



帰って来て棺に入れると大きさも余裕でよい感じでした。そして夫の家族がまた来てくれて、花をたくさんと私たちと一緒に写っている写真、大好きなおもちゃ、ささみのおやつ、丸めた靴下が大好きだったので夫と私のを一つずつ、寒くなるのでダウンジャケットを棺に入れました。あと、木のスプーンも。具合が悪い時にご飯いらないという時があって、そういう時は「つぶは人間だと思ってるから犬みたいに口をお皿に付けて食べるのはもう嫌になったんだね」と言っていました。まだすぐにお箸は使えないでしょうがスプーンなら大丈夫かなという気持ちで。





そして、棺の蓋の内側につぶにメッセージ。ちょっと書きづらくて子供の絵みたいになりました。と言いたいところですがこれが実力。夫も何か書いたのですが私には見えませんでした。きっとつぶだけに見えるメッセージだったのでしょう。

IMG_9038.jpg



近所にあるお寺。

IMG_9045.jpg

ここでお経を読んでいただきお焼香をして家族だけのお葬式をしました。





こんな風に台の上に置いていただき、なんという名前かわかりませんが布を掛けていただき、つぶきれいにしてもらって良かったねとみんなで最期のお別れをしました。

IMG_9042 (1)

白いテープは見えない体(てい)で。





翌日迎えに行くとこのような姿に。

IMG_9251.jpg
この写真あんまり可愛くないんじゃないかしら?

とりあえず、と思っていましたがこの写真の顔がその時その時で表情が違って見えたりして、このままでいいかなと思っています。


つぶの写真を入れている額の周りのお花はエーデルワイスで花言葉は大切な思い出だと教えてもらいました。つぶに似合うと思って選んだものですがぴったり。




お知らせした方やその方に聞いた方、家族からのお花がたくさん。そんなつもりでお知らせしたのではないのですが、天国?と思うほどきれいでつぶも喜んでいましたし人間も癒されました。ありがとうございました。

IMG_9269.jpg




つぶの最期を詳しく書こうとも思いましたが、久しぶりに明日は2人揃って休めるというその夜に急変してほとんど気を失った状態で酸素を吸わせながら病院へ運んだこと、心臓ではなく脾臓にある腫瘍が破裂してお腹に血が溜まっていたこと、酸素室に入れられ意識が戻りしばらくウーウー言いながら横になったままだったが一度正気を取り戻したこと、そして頭を上げて私たちをちゃんと確認したこと、手術を覚悟したけど結局は手術することなく眠りながら死んで行ったこと、数日前にお腹を痛がりかかりつけの病院へ行きその死んだ日が再検査の日だったこと、でもその数日間は治ったようにとても元気だったこと、まだ私たちはその数日間をぐるぐると思い出しては後悔していること。今書けることはこんな感じです。





最後に撮ったつぶの元気な写真。

IMG_8981.jpg
明日もご飯いっぱい食べられるかしら

ゆっくりいっぱい食べさせてあげたいけど、つぶにお供えするとすぐにテンやポコが欲しがるのでつぶにはいつも急いで食べてもらってます。


IMG_9488.jpg
テンちゃんもう少し大きくならくちゃ

なんとなく、もう大きくなってる気がします。





ということで、前回笑えるはずだと書きましたが笑えたでしょうか。

IMG_7713.jpg
大丈夫?笑えたかしら?

笑ってくださるとつぶも喜びます。




【次回予告】10年つぶと一緒に暮らしたテンの気持ちと慰めに来てくれたよぼちゃん家の部長最強伝説の2本立て!(たぶん)

スポンサーサイト

| つぶ | 17:03 │Comments8 | Trackback-│編集

ご報告:つぶのこと



つぶが、 11月15日の早朝5時10分頃に死んでしまいました。


IMG_4583.jpg
びっくりしちゃった?

つぶ、本当にびっくりしちゃったよ。





もっと抽象的な言葉でお伝えした方が良いのかもしれませんが、私の中の弱い部分がずっと「つぶが死んじゃった」と手足バタバタさせながら泣いている、そんな思いで数日過ごしていました。存在が大きかったので、しばらくは時には泣きながら過ごすことと思いますが、犬を飼っていれば当然経験することですし、チワワたちもいますので悲しんでばかりはいられないと思っています。


IMG_9198.jpg
つぶ?

IMG_9201.jpg
つぶー?

つぶの死を悲しむチワワたち、ではなくお供えしているカツサンドのにおいに反応してるところです。




つぶはつぶらしく、前日までお散歩をして夕飯まで美味しく食べもっと欲しいと催促していました。

IMG_8977.jpg
夫さん、おいしそうなもの食べてるわね

具合が悪くなる直前のつぶです。この後急変して救急病院に行きいろいろしていただきましたが、最期は眠りながら息を引き取りました。苦しまずに死んでいきましたし、起きたら天国で、つぶ自身ちょっとびっくりしたかもしれません。




実際に頻繁に更新していたのは2年ほどですが、つぶは、この「つぶつぶてんてん」を通して、私たち家族以外にも知ってもらえて、かわいいと思ってもらえて、実際に会いにきてくださる方もいて、ブログをやってよかったと思っています。また追々つぶの思い出話など書いて行けたらと思いますが、今回はご報告だけ。つぶの生前、ブログを読んでくださった方、かわいいと思ってくださった方、つぶを好きでいてくれた方、本当にどうもありがとうございました。




次回予告をしておきたいと思います。

【近くのお寺での家族だけのお葬式、そしてその前に最後につぶに私たち夫婦が作ったものとは?】

たぶん笑えるはずですのでお楽しみに!(時期未定)

| つぶ | 22:56 │Comments7 | Trackback-│編集

つぶのこと

いやいやいや、パスワードがわからなくなりログインできないかと思って焦りました。久しぶり過ぎなのを反省中。




さて今回は我が家の永遠のお姫様、ダルメシアンのつぶについて書いていこうと思います。つぶは今月12歳の誕生日を迎えました。

IMG_6143.jpg
あたしも12歳かぁ

無事に。





と書きたかったのですが、誕生日の前日、10月9日に僧帽弁閉鎖不全症と診断されました。心臓の左心房と左心室の間の僧帽弁という弁がうまく閉まらず血液が逆流する心臓の病気だそうです。小型犬に多いということでかかりつけの獣医さんもなぜつぶちゃんが、という感じでした。まあつぶも小型と言えば小型ですから。

IMG_3529.jpg
あたしチワワ?

確かにチワワと10年暮らしていますし最近はチワワも2匹いますしつぶも気持ちはチワワかもしれません。

IMG_6529.jpg
テン・ポコ「あたしたちはダルメシアンなのよ!」

ちょっと話は逸れますが、ずっと自分のことをダルメシアンだと思っていたテン(短毛チワワの方)がポコ(ロン毛チワワの方)が来て一緒にくっついて行動することもあり自分のことをテンちゃんもしかして、チワワ?と思ってる感じがしてます。




つぶの話に戻りますが、つぶはずっと元気だったのですが今年の5月に山で蛇に噛まれて顔からお腹まで腫れ上がるというかわいそうな体験をしました。すぐに病院に行って処置してもらいましたが腫れが引いても元気がない期間が長く、今思うとそれは心臓が原因だったのだろうと思いますがその後また元気になり(なったと思い、かな。)安心していました。それからしばらくして9月の残暑が戻った日にやけにハァハァ言っていたり寝てることが多くなったので夏バテかな?と夫と話していました。それから数日して夜寝ている時に心臓の音が速くて大きいと夫が気付き病院でレントゲンを撮ってもらうと既に心肥大が見られ、後日詳しく検査して病名がわかりました。もう少し早く気が付けば良かったのですが6段階で言うと4に近い3ということでした。

これからは心臓に負担のないよう無理のない生活をしなければなりませんが飼い主が神経質にならず今まで通りのんびり暮らして行きましょうと先生にも励まされました。

が、私たちはすぐに慌てるので数日後つぶの口元が白っぽく青っぽく見えて「もしやこれは先生が命の危険があると言っていたチアノーゼでは!?」と病院に連れて行きましたが結果は大丈夫でした。しかも興奮して逆にきれいにピンクになりましたがせっかくだからと半日酸素室で寝かせもらって帰ってきました。さらに4日前には、朝は階段も駆け上がるし久しぶりに食卓のパンを盗み食いするほど元気だったのに2時間留守して帰ってきたら嘔吐してぐったりしていました。病院で心臓ではなく胃腸でしょうと言われて薬が増えて帰ってきました。まあ、そんなこんなですが、あ、そんなこんななところに延期になっていた花火大会があったのはかわいそうでした。今はぐったりしていた後遺症かまだ少しよたよたしていますが食欲はあり散歩も行けますし持ち直しつつあります。


元々つぶは兄弟より一回り小さく丈夫ではない犬で病院通いが多かったですが、とても大事にしてほんの少しも辛いことがないようにと思って育ててきました。でも結局こういうことになってしまってつぶは苦しい思いをしているので申し訳ない気持ちです。でもそんな風にいろいろ考えるとどんどん暗くなってしまいますので、心臓の薬は効いているようですしこのまま無理せず普通にしていたら心臓が寿命まで持ちこたえてくれるという希望を持って暮らしていこうと思います。

IMG_8140.jpg
犬生いろいろよねぇ

ということで、とても長く読みづらい文章になってしまいましたが、つぶの最近のあれこれでした。また書きますね。


| つぶ | 22:51 │Comments3 | Trackback-│編集

テンちゃん天才!


しばらく更新していなくて久しぶりにログインしようとしたらパスワードがわからず、やっとログインしたらfc2の仕様がだいぶ変わっていてあたふたしてしまいました。そしてブログを見たらなんと前回の更新から一年近く経っているのですね。いやぁ、びっくり。




びっくりといえば、お互いいてもいいけどあまり近づかないという距離感だったつぶ(ダルメシアンの方)と元実家チワワのポコが自然とこんな風にくっついて座っていて驚きました。

IMG_1138.jpg
つぶ「ポコってあたしの子供だったかしら」
ポコ「ここは落ち着くわ」


一緒に暮らし始めて2年余り、だんだん良い関係になってきたようです。



もちろんテン(チワワ)も元気にしています。これは夫にぎゅーっとされているところ。無になっています。

IMG_0990.jpg
テンちゃん天才だからこういう時はお肉のことを考えてると耐えられるって知ってる

哲学的だね。





テンとポコはシンクロしたように同じ格好でいることが多いです。

IMG_0973.jpg
テン「テンちゃん天才だから合わせてあげてるのよ」
ポコ「ポコがテンの真似してるのよ」


どちらかというとポコの言うことが正しいです。なんでもテンの真似をして同じことをするようになりましたから。



2年前はなかなかポコを受け入れられない様子のテンでしたが今は姉妹のよう。

170416-2
ポコ「ポコはテンが大好きなの」
テン「テンちゃんは天才だからみんなに好かれるの」


天才かどうかはわからないけどみんなに愛されてるね。




そういえばテンは最近頭の白髪が増えました。

IMG_0073_20170416195513ecd.jpg
テンちゃん天才だからいっぱい頭使ってるのよ


まあね。そんな自称天才のテンは昨日天才、いや10歳になりました。もう10歳になってしまったという気持ちと無事に10歳を通過することができて嬉しい気持ちが混ざっています。白髪は増えても私たちにとってはいつまでも小さくてかわいい甘えん坊です。…大きいですけどね(笑)




ではまた!

IMG_0705.jpg

| テン | 21:34 │Comments6 | Trackback-│編集

犬たちの近況


またずいぶんと間がいてしまいましたが犬たちはみんなとても元気です。あれこれ書きたいことはあるのですが、今日はとりあえず最近の犬たちの様子を少しだけ。





まずはテン(短毛チワワの方)ですが、4月の15日に9歳になりました。昨年はお腹の調子が悪く病院通いでしたので恒例のステーキ丼はテンの誕生日にはありませんでしたが今年は無事に食べさせることができました。

IMG_8523.jpg

盛り付けが年々雑になってる気もしないでもないですが犬たちはそんなこと全く気にせずあっという間に完食しました。実家チワワのポコ(ロン毛チワワの方)は糖尿病なのでお粥ではなくて高野豆腐を細かくした上に肉をのっけました。





これはつい最近のテンです。夫の母に抱っこされてお澄まししてます。

IMG_8870.jpg
テンちゃんいい子にしてるのよ

テンはいつでも真顔。





次にポコですが、うちに来てから1年と2ヶ月、白内障の手術からもまる1年が過ぎました。日に1度の注射以外は本当に病気?というくらい元気です。

IMG_6592.jpg
つぶ「こうしてるとご飯もらえるのよ」
ポコ「ポコがんばる」


本当に食べるためには努力を惜しまないポコです。





こうやってテンとポコがくっ付いてると無条件にかわいい♡ってなります。

IMG_8145.jpg
ポコ「なんかちょうだい!」

うるさいですけどね。(なんかこの写真のポコ、顎が外れてるみたいですね)





そして、前回ちょっと年を取ったと感じることがあると書いたつぶですが、その後特に問題なく元気に過ごしています。

IMG_8950.jpg
あたしのことより自分の心配したら?

おっしゃる通り。つぶと暮らし始めて10年、人間も年を取りました。でもとてもおもしろい10年だったしこれからもまだまだつぶにおもしろがらせてもらいたいです。





新緑の美しい良い季節、犬たちも嬉しそうです。

IMG_8706.jpg
気持ちいいわね


では、また近い内!

| 未分類 | 01:53 │Comments4 | Trackback-│編集

| main | next »

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
2005年12月、突然ダルメシアンを育てることに!大変だった子犬時代が終わりようやく一段落、と思ったらチワワがやってきて…。

つぶ…つぶつぶ多めのダルメシアン。
   ♀11歳。15キロ前後。

テン…チワワ。♀10歳。
   体重4.6キロ。
   太ってるというか、長い。
   
ポコ…実家から引き取ったチワワ。♀9歳。
   体重3.6キロ。
   糖尿病。

夫…人生で初めての犬ライフも10年に。ダルメシアンに愛されている。

コメント歓迎してます。でも、コソッと読んでクスッと笑ってくださるのも嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

CalendArchive

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。