スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

ちょっとまじめな話とそうでもない話


長らくお送りして参りましたシリーズまさかも前回完結いたしまして、これからは通常運転のつぶつぶてんてんです。

あ、ひとつだけ。白内障の手術ですが、老人性の白内障と糖尿病の合併症の白内障の大きな違いは進行の速度だとうことです。老人性はある程度年を取ってから発症しますし進行がゆっくりで寿命を全うするまで全く見えなくなるということがないことも多いようです。なので手術をする必要はない犬がほとんどなのかもしれません。ポコ(実家チワワ)の場合は糖尿病由来であっという間に両目光しか感じることができなくなり日常生活に支障がでたこと、まだ7歳と比較的若かったことや他の犬との関係など考えて出来るなら手術をと希望しました。費用の面もありますし犬の体力的精神的負担ともちろん飼い主の負担も大きいので手術が一番良い方法かどうかは飼い主さんとその犬それぞれだと思います。


ただ白内障のことを詳しく書こうと思ったのは私がポコのことで思い悩んだ時に白内障に関しては結果的にあまり参考になる情報がなかったということもあります。今になってはっきり言えるのが(言って良いのか悪いのかわかりませんが少なくとも我が家のポコの場合は)犬・白内障で検索すると必ず出て来る白い部分を溶かすと謳っているサプリメント、目薬、その他ナントカ療法みたいなのは効果がなかったということです。実は私も医師のお墨付きと言ってネット上でまことしやかに売られている外国の目薬を取り寄せたりサプリメントを試しました。もしかすると予防という点と進行を遅らせるという点では効果があるのかもしれませんし犬に依ると言えばそうなのかもしれませんので全く否定はしませんが白い部分を溶かすことはできないと思いますし使用前使用後の写真も、白い部分は暗い所と明るい所では瞳孔の大きさが違いますのでいかようにも撮れてしまうものだなと冷静になって見ればわかります。

そんなこんなで、たぶん愛犬が白内障になったらネットでいろいろな情報を得ようとすると思いますのでそういう飼い主さんの目に留まればいいなと思っています。



こんなに長い文を一気に書いて疲れたので一休みしますのでチワワズの一休み画像をご覧下さい。

IMG_9815.jpg

一休み終わります。




昔書いたと思いますがご覧の通りテン(スムースチワワの方)とポコ(ロン毛チワワの方)はよく似ています。なぜかと言うとうちでテンを飼い始めた時に実家の母が遊びに来て赤ん坊だテンの可愛さにやられてしまってよく似たポコをペットショップで見つけて飼うことにしたのです。元々実家は私が小学1年生から結婚するまでずっと犬がいましたしがその時は最後にいたシーズー犬が亡くなって数年経った後でした。



誕生日も3ヶ月違いですしポコも割と大きいですしスムースとロングコートの違いはありますがたまにどちらかわからなくなる時があります。

IMG_0242.jpg
そんなことはいいからオヤツちょうだい

食いしん坊なところも2匹の共通点でしょっちゅう台所に来ています。


なんか落ちてないかしら?

これは本当に邪魔です。邪魔なんですけど楽しい。悔しいですけど。




この2匹似てるからと言って仲が良いかと言われれば答えはノーです。

IMG_8678.jpg
だってポコってしつこいんだもん

仲良くないというか、これも昔書いていますがポコはテンに興味がすごくあって実家に連れて行くとテンを追いかけ回してテンは逃げていました。




今もそんな感じですけど。

IMG_8305.jpg
ポコ「テン遊ぼうよ」
テン「テンちゃん忙しいのよ」



でも一緒に暮らし始めてちょうど半年、テンも強くなりました。

IMG_7973.jpg
ポコ「うん、テンのニオイね」
テン(おならしちゃった…)


しかし私もお尻を見るとおならネタ。進歩ありまてん。




そして忘れてはいけないのがつぶ(ダルメシアン)です。

IMG_0548.jpg
あたしも似てる?

姿は似てないけど大きな犬は苦手なつぶはチワワとの暮らしが合ってるのかなと思います。つぶはマメダルメシアンと言われたほど小さいですし。




犬が3匹になってバタバタしてしまうことも多いですが3匹みんな落ち着いて来た今は楽しいと感じることも増えました。それぞれの犬の関係を見てるとおもいしろですしポコがだんだんうちの習慣に慣れて行くのも興味深いというか。時々書いていますがうちはご飯におかわりが一回付いていて、それも最近は率先して「ご飯食べたー!おかわりはー?」みたいな顔して来るので笑ってしまいます。



しばらく病気の話が多かったのでこのブログも元に戻ってまた楽しい話を多く書いて行けたらと思います。いや話はほとんど書いてなくて写真だけだったかな。こんな長文書いちゃって私もだいぶ脳みそ使っちゃいました。昔のようにまめに更新はもうできないかもしれませんがたまに覗いて下さると嬉しいです。


ではまた!
スポンサーサイト

| 白内障 | 19:40 │Comments1 | Trackback-│編集

まさかの先の明るい未来 シリーズまさかはまだ続いていた


白内障手で目が見えるようになったポコ(実家チワワ)、だいぶ落ち着いたある日カーテンを頭に乗せて外を見ていたのでそーっと写真を撮りました。

IMG_9535.jpg
ふんふんふ〜ん♪

後ろ姿でもなんだかご機嫌な感じが伝わって来ます。





ポコ何が見える?

IMG_9538.jpg
アタシの明るい未来よ

そう、シリーズまさかの2番目だったでしょうか、ポコの近い未来は文字通り明るくなると書きました。





その未来はまさに今です。今は何でもつぶ(ダルメシアン)とテン(大きなチワワ)と同じものが見えます。

IMG_8623.jpg
つぶ「あれ猫ちゃんじゃない?」
テン「どこどこ?」
ポコ「いたいた!」




つぶと同じ風景も

IMG_8948.jpg
ポコ「つぶオナラしないでよ」
つぶ(もうしちゃったのは内緒よ)




もちろんテンと同じ風景も

IMG_8902_20150829234002847.jpg
テン「テンちゃん見張りがお仕事なのよ」
ポコ「アタシもできるわ」


しっかり見えています。




わたしのこともちゃんと見えています。

IMG_8412.jpg
テン「テンちゃんはおやつを見てるのよ」
ポコ「アタシもおやつ!」


おやつでもいいです。見えない時は鼻先に近づけないと食べ物だとわかりませんでしたから。




散歩も出来るようになりリードと首輪も3匹同じ物を新調しました。

IMG_0543.jpg
テン「テンちゃんペースメーカーなのよね」

ね。ポコはみんなと逆に行こうとしたりもう帰りたいと他所の車に乗ろうとすることもありますがテンと一緒だとよく歩きます。





階段を上ろうとするとよくこんな風に上から見下ろされます。

IMG_8419.jpg
まっちゃんおやつまだー?

まだよー


IMG_8720.jpg
そろそろご飯じゃない?

そろそろねー




このようによく見えてるようになって、それが普通になって、たぶんポコにはもう見えなかった記憶はなく明るい世界を生きていると思います。それがとても嬉しいですし、ポコが落ち着いて生活するようになりつぶテンも落ち着いてペースを取り戻しました。糖尿病が治った訳ではないですがそれはずっと付き合うものですし、あまり先を見ないでまた何かあったらその都度考えて対処していこうと思います。ということで、ほんの数ヶ月前の私たちにとっても今が明るい未来です。




シリーズまさかこれにて本当に完結です。ではまた!


| ぽこ | 00:44 │Comments1 | Trackback-│編集

まさかの逆まさか シリーズまさか完結編かも


さて前回の続きです。今回もしばらく文章のみ、手帳を見ながらダーッと書いて行きます。どのくらい長くなるか私もまだわかりません。




5月6日に静岡県裾野市の病院へ連れて行きました。予約する時も咬むことがある旨伝えていましたしあまり期待はしないようにしていましたが病院へ向かう車の中でポコに「良い子にしてるんだよ。良い子にしてたらもしかして手術してもらえて目が見えるようになるかもしれないからね」と何度も言い聞かせていました。



そして初めての診察。念のために口輪をしました。暴れるかもと心配していたのですが拍子抜けしてしまうくらい大人しく先生にも「おとなしいね。家でもおとなしいでしょ?」と言われました。まさかのまさか、逆まさか。びっくりしました。後で夫に私が車の中で言い聞かせていたのがわかったのかもねと言われましたけど、まさかそんなことはないと思いますが嬉しいまさかでした。


診察の結果はこのまま放っておくと緑内障や網膜剥離の可能性もあるし、白くなったタンパク質が溶けて出してしまうギリギリのところなので手術をするなら急いだ方が良いというお話でした。考える間もなく夫と2人で「お願いします」と言っていました。そして手術の日は最短できる5月9日に決定しました。


帰ってからは何かあったら手術ができなくなると思い神経を使っていた覚えがありますが手帳には「手術ができると聞いて世界が広がった」と書いてありました。目が見えないことを受け入れて暮らしていかなければならないのかと悶々と内向きになっていたのでそんなことを書いたのだと思います。



手術当日、もう一度検査するともしかすると水晶体を包むカプセルのような部分に穴があいてしまっているかもしれないということでした。手術はそのカプセルのような中で白く固まったしまったタンパク質を吸い取り人工レンズを入れるというもので、もし穴があるとレンズは入れられないがそれは実際に手術を行ってみないとわからないので全て任せてほしいと言われました。

もちろんお任せする他ないのでポコを預けて病院を後にしたのが11時過ぎ、手術は3時からということで連絡を待つことになりました。



夕方6時半病院から電話があり、手術は上手く行ったこと、心配していた穴はあいていなくて予定通り両目レンズを入れられたので同じ視力になるはずだということ、既に麻酔から醒めて歩いているということを伝えられました。

一安心でした。たぶんその夜に飲んだビールはおいしかったんじゃないかなと思います。



退院したのは13日ですが11日に一度お見舞いに行きました。ポコは診察室の後ろの先生やスタッフの方が行き交う大きな部屋の小さなケージ中に座っていました。ぽけーっと前を向いていましたが私が顔を近づけるとじっと見てそして急にわかったのかとても喜びました。先生も見えてますねと言っていたように思います。確かに目が合いました。





そしてそして、いよいよ退院の日、夫と共に迎えに行きました。先生に手術後は順調なこと、食欲もあり血糖値もよく管理出来ていると言われました。




帰りの車の中のポコです。

IMG_7752.jpg
明るいわ



これは窓の外を見るポコ。

IMG_7754.jpg
何があるのかなぁ?

この姿を見た時に、ああ、見えてるんだ!と思って嬉しくなりました。その足でかかりつけの病院にも報告に行き、先生たちにもとても喜んでもらえました。



退院はしましたが糖尿病の場合は感染症のリスクが高いので他の犬とは離していた方が良いということで10日間ほど私とポコとでほぼ別居していました。なので、つぶ(ダルメシアン)とテン(大きなチワワ)にも寂しい思いをさせましたがその甲斐もあって術後も経過良好でした。



しばらく2種類の目薬を日に3度計6回していましたがそれが1種類になり回数が2回に減り3ヶ月検診の時に今ある目薬が終わったら終了ですと言われていたのが昨日終わりました。糖尿病のケアはこれからも続きますがここで白内障に関しては一段落だと心からほっとしました。




ということで、まだまだその10日間の別居生活のことやつぶテンとの再会など書きたいことはたくさんあるのですが、白内障の詳しいお話はこれで終わります。



しかし本当に、まさか手術ができるなんて思っていなかったのでこのように手術をしてもらえて大成功で経過も良好で今ポコが元気に暮らしていることが奇蹟のようでもあります。手術をしてくださった先生や病院の方、その先生を紹介してくださったかかりつけの病院の先生にも心から感謝です。



次回からはつぶテンとポコとの楽しい暮らしぶりがお伝え出来るかなと思います。

ちわわず
つぶ「楽しいだけじゃないわよ、通れなくて困ってるのよ」

確かにね、つぶも本当にまさかだよね。でもつぶはテンを受け入れてポコのことも受け入れて、つぶあっての我が家だよねっていつも夫と話していますが、まさかつぶがこんな風に心優しいお姉さんに成長するとは思っていませんでした。それだけよく言えばやんちゃ、悪く言えばめちゃくちゃな時期がありましたから。こちらも嬉しいまさかです。



長らく引っ張りましたシリーズ「まさか」、ひとまずここで完結です。ではまた!


| 白内障 | 00:52 │Comments3 | Trackback-│編集

まさかの連続更新

暑いですね。




昨日も言いましたね。でも今日も暑いですね。この暑さはいつまで続くんでしょうか。



いつまで続くのかと言えばこの「まさかシリーズ」がまさかこんなに続くとは私も思っていませんでした。できれば今日で最後にしたいと思いつつスタートです!


最初にポコ(実家チワワ)が糖尿病だと気付いた理由は太っていたのに急に痩せたことの他に目が白くなってしまったということもありました。糖尿病が進むと合併症で白内障になることがあるのですが気付いた時にはまだ片方で見えない素振りもしないので一緒に暮らしていた家族は気付きにくかったかもしれません。

IMG_5379.jpg
ポコ大丈夫だもん

最初に病院で診てもらった時白い方は光だけ感じてる状態ではないかと言うことでした。でももう片方は黒くてよく見えているようでしたしインスリンが効いて元気になってからは階段も昇り降りしていましたのでこのまま片方を大事にしていこう、そのためには目に良いサプリメントや目薬を試そうなんて楽天的に考えていました。

 

が、しかし、前回書いた低血糖です。低血糖の後は蜂蜜などを与えるのでどうしても血糖値が高くなるのだと思いますが、そういう不安定な時期が続いたからか見えていた方も白っぽくなって行きました。

糖尿病由来の白内障が老人性白内障と違う所は進行が早いということで、本当に日に日に見えなくなっているのがわかりました。見えにくくても家の中はだいたい場所がわかるようでトイレも失敗しないし階段も昇り降りしていました。でも散歩ではほとんど歩かなくなり庭に出してもじっとしてるようにもなっていました。



それでもデッキに出すと太陽や風を感じているようでこのまま穏やかに暮らして行ければいいのかなと思ったりもしていました。

IMG_5993.jpg
つぶ「ポコ、何を見てるの?」ポコ「よく見えないけど風が気持ちいいの」


IMG_5982.jpg
ポコ「お日様気持ちいいな」テン「ポコなんだか変ね」


この時ポコは7歳でチワワの7歳はまだまだ若いと思い最初から手術も考えていましたが糖尿病は感染症が怖いこととポコの性格からたぶん手術は無理ではないかとかかりつけの先生から言われていました。かかりつけの病院には眼科はありませんが白内障を手術する病院のHPなど見ても誰にでも触らせることが条件になっていましたので手術は諦めてはいました。


なぜなら実はポコは私以外に何かされるのを極端に嫌がって噛みます。なのでインスリンの注射も出来る人が私しかいないというのもうちで引き取った大きな理由です。病院ではさらに大声で悲鳴をあげたりするので実家の方の病院ではあまりきちんと診てもらえなかったようですがこちらの先生やスタッフの方は嫌な顔しないで治療に当たって下さるので救われています。



ただ進行は想像以上に早くてあっという間に階段は降りられなくなり椅子や扉にぶつかるようになりました。毎朝起きると手探りで階段を探して上手に上っていましたがある日廊下の空(くう)を上ろうとして不思議そうに上を向いている姿を見た時は胸が痛みました。でもそんな中でもポコはおもちゃ箱から好きなぬいぐるみを出して遊んだりして落込むことはなかったです。本当に明るく強い犬です。


全く見えなくなる前にと実家にも一度連れて行きました。

IMG_5951.jpg
ポコ「ふふ、おとーしゃんとおかーしゃんのニオイがする」



あと困ったことはつぶ(ダルメシアン)を怖がるようになったことでした。気配が怖いようで側にいると吠えまくるようになってしまいました。

IMG_6542.jpg
ポコ「あっち行って!」つぶ「ポコあたしのこと忘れちゃったのかしら?」

毎日吠えられてもつぶはひたすら耐えてくれました。本当に心優しいつぶに感謝です。



そんな日々の中、先生ともう一度手術のことを話しました。まだ若いし片方だけでも見えるようにしてあげたいと言うとダメかもしれないけど2軒紹介できる病院があると言われました。ひとつは都内で白内障専門の病院、もうひとつは静岡県にある眼科のある総合病院でした。夫と話し合ってダメでも連れて行って診てもらうだけ診てもらおうということになり糖尿病のケアもしてもらえることも考えて静岡の病院に予約の電話をしたのが5月2日、実際に病院に行ったのが5月6日のことでした。





ふぅ…長いですね。読むの疲れていませんか?私は書くのに疲れました。

実は今日先に「まさかの連続更新」というタイトルを思いついてしまったのでがんばりました。しかしまさかこんな長編になるとは。次回、最終回です。ポコの明るい未来はすぐそこです。




ではまた!


<おまけ>物思いにふけるテン(チワワ)
IMG_0033.jpg
犬も生きてるといろいろあるのよね

| ぽこ | 22:19 │Comments4 | Trackback-│編集

まさかに次ぐまさか(また今回も途中まで)

えーっと、暑いですね。





なんでこんなに暑いのですか?あまりに暑いので前回からどのくらいの時間が経ったのかわからなくなってしまいましたがようやく続きです。待っていて下さった全国数人の皆様、お待たせいたしました!




何を書いていいのか暑過ぎですぐには思い出せませんが、そう、ポコ(実家チワワ)ですね。うちで引き取ってインスリンを朝晩打って散歩もして元気になって一安心していたのが前々回の記事の頃ですがその直後今度は低血糖に悩まされることになりました。

すみませんが今日はしばらく文章のみで一気に行きます。





一番最初の病院での説明で、インスリンを打って例えばふらつくとか低血糖の状態になったら糖分の高い物を与えるように言われていました。低血糖をそのままにしておくと意識障害に陥って最悪死亡することがあるので怖いのは高血糖より低血糖だと。とは言っても最初の2週間は問題ありませんでしたのでそういうことは稀なことなのかと思っていました。




しかしある日散歩で歩かなくて家に帰って来たら微妙にふらっとしたように感じました。そして「これが低血糖か!」と思い急いで用意してあったカステラを食べさせたら元に戻りました。でもその後から何度もふらつくようになってしまい病院の先生には注射をしたらおやつを多めにあげるように指示されました。




が、一向に治まらず日に何度か症状が出る時もあり仕事もセーブしてなるべく留守番もさせないように気を付けていましたがある日の早朝、まだ6時前でみんな寝ていた時に大きな痙攣を伴う大発作を起こしてしまいました。もうこちらもパニックですが蜂蜜を指に付けて口をこじ開けて上あごの粘膜の所に擦り込みました。体をバタつかせて悶えていたポコでしたが蜂蜜が効いたようでしばらくすると普通に起き上がりました。

意識はないけどすごい力で歯を食いしばるので指がちぎれるかと思いましたが人間必死な時はなんとかやるものだと今思い出してもこの時の自分はよくやったと思います。でもその後数日間指は腫れあがって曲げられないしあちこち歯型だらけみっともなかったですし今でも爪に内出血した部分が残っています。




そしてポコはそれまでの低血糖の記録と一緒に入院させて血糖の状態を調べてもらいました。




退院するポコを迎えに行った時先生にポコは血糖を自分で下げることが出来ていると言われました。普通はインスリンを打って一度下がったらまた次のインスリンを打つまで上がって行くけどポコの血糖は下がったり上がったりしてると。その下がってる時に次のインスリンが効いてしまって低血糖になっていたらしいのですが先生がおっしゃるにはうちでの食事や生活がポコにとても合っていてと落ち着いた状態になったのではないかということでした。そしてインスリンもそれまで朝晩4単位ずつだったのが朝のみ2単位と大幅に減らされました。なんと言っても夜にインスリンを打たなくて良いというのは人間にとっても嬉しいことです。それまで仕事から帰って来てご飯を食べさせ1時間後にインスリンを打つまでビールを飲まない生活でしたから。




しかしまあ糖尿病だけでもまさかなのにまさか低血糖でこんなに悩まされるとは思っていなかったです。この記事を書くのに確認したらポコの低血糖が続いていた2週間はほとんど犬たちの写真がありませんでした。本当に切羽詰まっていたようです。




人間もポコ本人もつぶテンも大変な2週間でしたがその後一度も低血糖の症状は出ていません。




めでたしめでたし。




とは、まだ行かないのです。





ここでピンと来た方、するどいです。そうです、続きは次回に書こうかなと思います。思い出しながら長々書いていたら脳みそが沸騰なう!てことでビール飲みまーす♪





あ、でも文だけではな何なのでここ最近の犬たちのかわいい姿を見て下さい。



並んで歩くチワワズ

一緒
ポコ「ねぇテン、あたしが来て嬉しいでしょ?」
テン「テンちゃんノーコメント」


末っ子だったテンはだいぶ戸惑ったと思いますが今は落ち着いています。





なんかくれくれ状態の犬たち。

ごはんごはーん
ポコ「お腹空いたー!」

ポコが一番威張ってます。





通れなくて困ってるつぶ(ダルメシアン)

通れません
つぶ「テンが分身の術を使ったのかしら?」

毛の長さは違いますがよく似たチワワズです。




それでは暑い夏、よく冷えたビールを飲んで乗り切りましょう!

ビア!


ではまた!

| ぽこ | 22:08 │Comments2 | Trackback-│編集

| main |

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
2005年12月、突然ダルメシアンを育てることに!大変だった子犬時代が終わりようやく一段落、と思ったらチワワがやってきて…。

つぶ…つぶつぶ多めのダルメシアン。
   ♀11歳。15キロ前後。

テン…チワワ。♀10歳。
   体重4.6キロ。
   太ってるというか、長い。
   
ポコ…実家から引き取ったチワワ。♀9歳。
   体重3.6キロ。
   糖尿病。

夫…人生で初めての犬ライフも10年に。ダルメシアンに愛されている。

コメント歓迎してます。でも、コソッと読んでクスッと笑ってくださるのも嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

CalendArchive

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。