あの日

話は昨年の12月、夫がつぶテンのテーブルにカンナをかけ、色を付けた日に遡ります。



12:19速報



夫がホームセンターに買い物に行っている間、家の外側をカナヅチで「トントントントン」と、調子良く叩くような音がしました。夫が帰って来たのかな?と思いましたが違うようだし、じゃあ、どこか近所で大工仕事をしてるのかな?と外を見てみましたがわかりませんでした。



1:4つぶこ



そして夫が帰って来てからも、「トントントントン」と叩く音が2度ほど聞こえました。夫は置時計が揺れてるし、この家を叩いてる、と言っていました。この写真は、今見返してみたら残っていた、音がした後に外を確認している夫です。

確認
この写真、撮ったことも今まで忘れていました



でも私はつぶテンのテーブルの方が気になって、何かの加減でこんなこともあるんだろう、くらいにしか考えていませんでした。



粒見る



その翌日、思いがけない訃報が。



粒ぼわー



この家を建てた棟梁が亡くなったのです。ここ最近は会っていなかったけれど、その息子さんでつぶ(ダルメシアンの方)の母犬の飼い主さん(やはり大工さん)が少し前に寄ってくれたばかりだったし、信じられませんでした。

お通夜と告別式は都合がつかず、直接棟梁の家にお線香をあげに行きました。そこで息子さんの話を聞くと、病気は持っていたけれど前日まで仕事場のある山小屋まで歩いていたし、夕飯も普通に食べて床に就き、そして翌朝、眠ったまま亡くなっていた、ということでした。



上



その時私は最初に書いたカナヅチの音など忘れていましたが、帰って来てから夫が「あの音、棟梁が亡くなった日だったんだね」と。棟梁が亡くなったのは午前中。私達が音を聞いていたのはお昼前後でした。

「見回りに来たんだ」と思うと妙に納得。この家は、棟梁が建てた最後の新築の家。何かあったら見回りますよ、と言ってくれていましたから。本当は、カラスがつついた音かもしれないし、何か他の理由があったのかもしれませんが、あの音は後にも先にもあの日だけです。



12:19面取り



夫は、初めてのカンナをかけている間中、棟梁のことを考えていたそうです。棟梁にやってもらえば良かったな、とか、棟梁に聞けばよかった、とか。明るくて、話し好きで、お酒が大好きで、人が良くて、全然威張ってなくて、つぶのこともとても可愛がってくれた棟梁、これからも時々なら見回りに来てくれてもいいかな。




と、単なる気のせいとか偶然かもしれない話で長くなってしまいました。私は特別な宗教は持たないし霊感とかはないですけれど、こういうこともあるかもしれないと思うし、何より棟梁と出会わなかったらウチにつぶもいないので、ここに記録として残しておきたいな、と思いました。



bonnyさん
つぶバナーよろしかったらクリックお願いします


こちらもよければ…ブログ村です

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ

| 日々 | 01:09 │Comments15 | Trackbacks0編集

コメント

きっと、棟梁ですね。
不思議なこともあるのかもしれないし、何かの偶然かもしれないけど
それを棟梁が来たと思ってあげられるその心が一番なのではないでしょうか。

棟梁がPC使えるかどうかは、自分にはわからないけど、
このblog見ているかどうかわからないけど、
その思った心はきっと棟梁に届いていると思います。

2010.01.05(Tue) 05:19 | URL | ぎんざ|編集

そうですね、偶然だけど偶然じゃない何かがあるんでしょう。
こう言う虫の知らせのような事ってあるもんなんですね。
朝からとてもじーんとしてしまいました('-`*)

きっと時々見に来てくれるでしょう♪

2010.01.05(Tue) 07:29 | URL | ゆるさく|編集

初めまして
ダルメシアンFENDIのママです。
今朝のブログ拝見して きっと棟梁さんだと思いました。
事ある事に思い出してあげると喜ばれるのでは ないでしょうか?
それにしても つぶちゃん とっても愛嬌があり可愛いですね~
小ぶりのダルメシアン・・・てちょこちょこ いますね~
我が家のFENDIも16㌔です。
また訪問させて頂きます。
我が家(ブログ)にも遊びに来てくださいね~
お待ちしています。
その前に ブログの更新をしなくては・・・・・


2010.01.05(Tue) 08:01 | URL | FENDI ママ|編集

きっと、その棟梁が見回りにいらしたのね?
ご自身、まだ亡くなったことに気がついていないのかも???

私も何の宗教もなく、とくにそういうことを信じ込んでいることもないけれど、
きっとそんな科学的には立証できない不思議なこともあるのかな?などと
この歳で思うようになりました。←どの歳?笑

私のお友達は、お爺様がお亡くなりになってお通夜の時に、親族
皆が誰かがお風呂で、お湯をかぶっているザーって音を聞いたそうよ。
お爺様がお風呂、大好きだったみたい。

でも、そのお人柄のいい棟梁の霊だったら、時々見回りに来られても
いいよね~!?!!

そんな風に思い出して頂ける、棟梁のお人柄も素晴らしかったのね。などと、しみじみ・・・
きっと、まっちゃんご家族のそんな気持ち、ちゃんと届いていると
思います。

2010.01.05(Tue) 08:33 | URL | Kay|編集

それはまちがいなく棟梁だわ。
わたしは友達のお通夜に行ったら携帯の着信ランプが光ったり(着信記録もメールもなかった)、義父のお通夜の晩に不思議体験したよ。
霊も見たことある~。(笑)

あぁ・・・棟梁にご飯台を頼んでいればもっと・・・・(以下自粛・・・・)(爆)

2010.01.05(Tue) 09:50 | URL | さとちん|編集

棟梁さん、最後の仕事に来たんですねぇ~。
49日まで、何回か来ると思いますよ。
ありがたい事です。

つぶちゃん棟梁さん、わかったのかな?


2010.01.05(Tue) 09:58 | URL | 元ママ|編集

もしかしたら気のせいかもしれないし、偶然かもしれないけれど、私もきっとそれは棟梁さんだったんだと思います。
理屈じゃ説明できないことってあると思うし。

何だかちょっとじーんとしてしまいました。
そうやって思い出してもらえる棟梁さんは、きっとステキな方だったんでしょうね。

2010.01.05(Tue) 11:29 | URL | cookie|編集

私も言葉では説明ができない何かってきっとあると思うの。

夫さんがご飯テーブルを作ろうと思ったことさえ~
先輩からの助言があったとはいえ、カンナまで購入して
すべてが繋がってる気がしてしまう。

まっちゃんも承知してるけど、ここ数年で叔母と祖母を
亡くしてるでしょう。

私自身はコレといったことがなくて反対に寂しいのだけど
ウチのと下の子に不思議な事があったりして
私の勝手な思いなんだけど「きっと叔母さんだ」と思えたり
たまたま命日に近かったりするものだから・・・

下の子はやんちゃだったくせに案外その類いは怖がるのね。
でも私は来たんだって思えてちっとも怖くないの。

2010.01.05(Tue) 14:20 | URL | hanagon|編集

一緒に寝てください(爆)
良い話だけど、こわいの~。
私、見かけによらず、怖がりだから・・・

この間、小中のときの同級生と、亡くなった同級生の話をしてたんですが、
(あ、不思議な現象とかなかったんですけど、)
こういう話するのっていいなぁ~と思いました。
その友達は、私の人生で初めてできた友達(2歳くらい)で、中学校のときに亡くなったんですよね。
彼女、自分の話題が出て、喜んでくれたんじゃないかなぁ~って思いながら、懐かしい気持ちでした。

棟梁もきっと、まっさんたちにこうやって話してもらえて、喜んでくれてますよね☆
「明るくて、話し好きで、お酒が大好きで、人が良くて、全然威張ってなくて、つぶのこともとても可愛がってくれた棟梁・・・」って、いっぱい褒めてるし♪

2010.01.05(Tue) 19:53 | URL | ぺる|編集

事実でしか!!!
ドッキリ・ドキドキ、そう言う事ってあるんでし。本当だじょ。
最後に建てたスペシャルなお家。
きっとこれからも、守ってくれると思いまし。

夫しゃんの宝物♪
スペシャルなカンナちゃん、切れなくなっちゃったら、お世話係りのやし♂に磨いでもらって下しゃい。

2010.01.05(Tue) 20:50 | URL | クロリス|編集

なんだか不思議だけど温かい話ですね(^^)
私もお盆には祖父の夢を兄弟揃ってみたことがあり、理屈じゃ語れない事があるんだなぁって思いました。
関係ないですけど二枚目のつぶちゃん美人~♪正面からの写真ってあまりない気がするからなんだか新鮮でしたって私の気のせいかもw

2010.01.05(Tue) 20:58 | URL | あわ|編集

棟梁に違いないです。
きっと思い入れのあるお家だったんですね。
つぶちゃんもいるし・・・

やさしくて責任感のある棟梁さんだったんですね
ご冥福をお祈りします。

こういうことってありますよね・・・
霊感とかじゃなくってきっと心のつながりなんじゃないかとも思います。

あ~全然違うけど・・・
うちの家族は、最近あの芸能人見ないねぇ~
とか言ってると次の日くらいに元気そうに出てたりします。

すみません・・・全然違います(^^ゞ

2010.01.05(Tue) 22:22 | URL | みゅうこ|編集

すっごく良い話だね。
そんな責任感の強い棟梁が建てたお家だったんだ~。
今度行った時はもっとじっくり棟梁の仕事を見なくちゃ。(笑)

2010.01.06(Wed) 00:45 | URL | bonny|編集

★お返事です!
コメントありがとうございます!優しいコメント、本当にありがとうございます。なんだか救われたような気分です。


●ぎんざさんへ

どうもありがとう。こういうの書くのどうなんだろうか、という不安も
あったけど、コメントもらえて嬉しかったですよ。

棟梁はもちろんPCは使えませんでした。携帯も受けるだけ、みたいな
人でしたし。でもきっと、読んでくれたと思うんだ。そして照れ笑い
してると思う。ありがとね。



●ゆるさくさんへ

そうなの、偶然なんだけど、そのタイミングとか、やっぱり偶然じゃ
ないというか。
私も夫に言われたとき、鳥肌が立ちました。こわいというか、あまりに
納得し過ぎちゃって。

今も見られてるようなきがするー(笑)



●FENDIママさんへ

初めましてー。というか、私昨日だったか、初めてブログ村からそちらに
お邪魔させていただてたんです。だから履歴から来て下さったのかな?
と思ったのですが…えへへ、読み逃げごめんなさい。そして、コメント
ありがとうございます。

そう、きっと棟梁だと私も思います。ブログに書いたことも喜んでもらえて
いると良いのですが。

16キロですか。つぶも17キロ前後なのでだいたい同じですね。親近感♪
またそちらにも伺わせていただきます。ありがとうございました。



●Kayさんへ

いやー、私たちも同じこと話してたんです。棟梁起きたら、なんと
自分が亡くなっていて、「あれ?俺死んじゃったのぉ??」とか言って
そうなんです。ちょっとおっちょこちょいなところもあるし…。あ、
こんあこと書いたら怒られるかな?(笑)
お風呂のお湯の音、聞いたことあります!こういうの、実際に聞くと
不思議じゃないんですよね。

私達の気持ちも、そしてこうやってコメントくださったKayさんたちの
気持ちもきっと棟梁に届いていてると思います。ありがとうございました!



●さとちんへ

やっぱりそう?
さとちんもいろいろ経験してるようだね。そうか、見たこともあるんだ…
今度聞かせ貰おうかな。あ、でもぺるちゃん怖がりだって書いてるから
嫌がるかなー。

ご飯台ね、たぶん棟梁ももどかしく思ってるよ、って夫と話してたの。
手を出したいだろうにねぇ。



●元ママさんへ

49日まで何回も来てくれるんですね。でも夫と晩酌する時もいつも
棟梁のこと思い出すし、きっとそういう時は来てるのかもしれませんね。

つぶ、わかったかなー。どうなんでしょうね。でもとっても懐いてたんで
きっと何か感じてはいたかもしれないなぁ。



●cookieさんへ

ありがとう!私もいろいろ偶然は重なったのかもしれないけど、やっぱり
その偶然が重なったのは偶然じゃないというか、きっと棟梁だって
信じてます。

じーんとしちゃいましたか?えへ。そうですね、とっても謙虚ではるかに
若い私達にも敬意を示してくれるような方だったなぁ、うん。



一旦送信しまーす。

2010.01.06(Wed) 01:28 | URL | ★まっちゃん|編集

★お返事第2弾です!
●hanagonさんへ

そうだよね、何を思ったのかカンナまで。きっと買っている時からもう
近くに棟梁がいたのかもしれないね。

hanagonさんに直接だときっと感受し過ぎちゃうから、ワンクッション
置いて旦那さんと息子さんなんじゃないのかなー。

確かに怖いってことはないかもしれないね。なんか普通な感じ。



●ぺるちゃんへ

いいよ、一緒にねてあげる(笑)ついでにつぶテンにも来てもらおう。

初めて出来たお友達が亡くなってるのね。そうか…それはやっぱり悲しい
ことだけど、でもぺるちゃんの言う通り話題に出て嬉しがってると思う。
忘れられることが一番寂しいことかもしれないよね。それは、生きている
人間も同じことだけど。
棟梁も、こうやって記事にしたこともあるけど、みんながコメントくれて
嬉しがってるような気がするもん。ありがとね。

私いっぱい褒めたよね。でも「お酒が大好き」も褒め言葉かなー(笑)



●クロリスちゃんへ

事実なのよ!でも私って全く鈍感だから、確かに大きい音で叩かれたのに
あんまり深く考えなかったし、すぐに忘れてたし。夫の方が繊細だわ(笑)

本当に、最後のスペシャルはお家になったから、いっぱい守ってもらえると
いいなー。そして、いっぱい感謝しなくては。

そうか!お世話係さん♂は本業だもんね。でも磨いでもらうほど良い物か
どうか…というか、次に使う機会があるのかが怪しい!でもお世話になる時は
よろしくね。



●あわさんへ

お疲れの所コメントありがとう!
確かに「棟梁か!」と思ったけれでも、怖いといより嬉しくなったなぁ。
まさに温かい、というか。

兄弟揃ってお祖父さんの夢って、それもまたすごい!何か伝えたいことが
あったのかしら?あ、みんなを見守ってるよ、ということかな、きっと。
嬉しいことよね。

つぶ、美人?…あ、確かに!(笑)



●みゅうこさんへ

そうか、やっぱり。設計は夫の友人で、毎週のように東京からチェックしに
来てたし、最初は苦労したみたいよ、分かり合えるまでは。でも建った時は
本当に勉強になった、と喜んでくれてた。

みゅうこさん、いいこと言うなぁ。そうか、心のつながりか~。確かに
そうだね。思う心と受ける心。嬉しい。

あるある!芸能人に限らず、あの人どうしてるかな、って思うと偶然
会ったりしない?



●bonnyさんへ

棟梁もたぶん色々苦労したと思う。夫の友人の設計士が、すごく細部に
までこだわって指示したから、最初はうらんだ、って言ってたし。
それでも最後はいいコンビになってたよ。たぶんみんなすごく楽しい時間を
過ごしたんだ。私達も含めて。だから出来上がったら、みんな少し寂しく
なっちゃったの。

でもね、じっくり見るといろいろあるの(笑)だから、やっぱりつぶテン
見ててー!

2010.01.06(Wed) 01:48 | URL | ★まっちゃん|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsubu10.blog25.fc2.com/tb.php/538-46c6e79d

| main |

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
2005年12月、突然ダルメシアンを育てることに!大変だった子犬時代が終わりようやく一段落、と思ったらチワワがやってきて…。

つぶ…つぶつぶ多めのダルメシアン。
   ♀11歳。15キロ前後。

テン…チワワ。♀10歳。
   体重4.6キロ。
   太ってるというか、長い。
   
ポコ…実家から引き取ったチワワ。♀9歳。
   体重3.6キロ。
   糖尿病。

夫…人生で初めての犬ライフも10年に。ダルメシアンに愛されている。

コメント歓迎してます。でも、コソッと読んでクスッと笑ってくださるのも嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

CalendArchive

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブログ内検索