スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

毎年のことと、小豆島の思い出


梅雨に入った関東地方。そして、その関東地方の外れに住むつぶ(ダルメシアンの方)。

ひじ
雨かぁ

ブログ、3年目。梅雨も3回目。毎年この時期は、「つぶがつまらない」って話ばかり。


つまんないね
つまらないわー

すみません、ブログもつまらなくて。でも梅雨って天然パーマの私の髪には酷な季節ですが、私自身は嫌いじゃないです。6月生まれだからかな。




そんな6月生まれのしっとりとした私(←誰も言ってない?)、2歳から4歳まで香川県の小豆島に住んでいました。だから今の人生の記憶は小豆島から始まっています。




これは小豆島のエンジェルロード。潮が満ちている時は向こうに渡れません。

えんじぇる

干潮時には道ができます。

えんじぇる2


この写真は数年前に夫と遊びに行った時のもの。夜行のサンライズ瀬戸で高松まで行って、そこからフェリーで渡りました。小さい時にお世話になった方々と再会したり、なつかしい場所を訪れた旅でした。






その時知り合いに当時住んでいた家まで連れて行ってもらいました。元は大きな料亭だったというこの家には井戸があって土間があって、お風呂は薪で炊いていました。そして部屋がたくさんあって、子供にとってはパラダイス、って感じの家でした。


この時斜め向かいのご主人に会ったのですが、私を見るなり「あんた、ここに住んでた子じゃろ?」と。顔が変わってなくてすぐわかったとか。ちなみにこの家はこの方が買われ仕事場にしているということでした。


小豆島の家
人生最大に太っているので人間はカット

私はそのご主人の亡くなったご両親のことを「○○のおばあちゃん、おじいちゃん」と呼んで懐いたし、とても可愛がられていました。引っ越す日、おばあちゃんが泣いていたこと思い出します。そしてフェリー乗り場ではカラーテープを持っての別れも体験したのでした。




書くことがなくて、ちょっとお茶を濁すようなつもりで書いた思い出話に自分で浸ってしまいました。そうそう、夫と行ったときも、知り合いが帰りのフェリー乗り場で泣きながら見送ってくれて、私もフェリーの中で泣きながら帰ったのでした。その知り合いというのが…と書いていると止まらなくなるので、この辺で。




<オマケ>小豆島と言えばやっぱり素麺
やっぱこれ

| 人間 | 00:46 │Comments8 | Trackbacks0編集

コメント

小豆島
小豆島のエンジェルロード、きれいですー/
小豆島と言えばやっぱり素麺に釘付け♡

2010.06.15(Tue) 01:45 | URL | りきりき|編集

うわぁやっぱり素麺食べて来るんだった~。
去年の9月に行ったのです小豆島。
食べ損ねました(また食べ物のことかい)
次回行ったらエンジェルロードと素麺だな。
いいところでした~。また行きたい。

まっちゃんが小豆島で暮らしていたって知って一気に親近感~♪
だから、都会にいながらにしてまとう空気感が柔らかいのかしら。
会ったことないけど(笑)そうか~。小豆島でいたからか~。
そうそう、小豆島って人も空気も優しかったです。

2010.06.15(Tue) 10:26 | URL | ぴっぴ|編集

エンジェルロードって、「八日目の蝉」で希和子たちが歩いたところですね!←見てました?

まっさん、小豆島に暮らしていたのですね~! 島暮らし、憧れます。

2010.06.15(Tue) 17:20 | URL | あなきょんじゃ|編集

横レス失礼します…(我慢できなかった^^;)。
私も八日目の蝉見てましたよー!!
うれしい。見てる人がいた♪
いいドラマでしたね~。
壇れいさんがまたいいんだ。
声も可愛いし。ムフ。


2010.06.15(Tue) 17:36 | URL | ぴっぴ|編集

昨日から、小豆島で何か有名なものがあったけどなんだっけ・・・・ってずーーっと考えてたんだけどやっとわかった!
オリーヴだ!
以上。(爆)

2010.06.16(Wed) 07:41 | URL | さとちん|編集

まっさんは格子戸をあけて隣のお家へ遊びに
行っておられたんですね。
流し素麺もおいしそう。
小豆島といえば醤油も有名。
第二次大戦前のこと、
瀬戸内海沿岸にある故郷の町には
船で小豆島から醤油売りがきていたそうです。
各家には醤油をいれるための瀬戸物製のタンクがあったそうです。
まっさんの文章を読んでいたら瀬戸内の海が見たくなりました。

2010.06.16(Wed) 10:21 | URL | おばはん|編集

今と変わらないミニチュアまっさんも、
そのまっさんがフェリーで紙テープのお別れしてるシーンも、
どっちも想像できちゃうんですけど~♪
かわいいね。ぷぷぷ。

小豆島のオリーブ&白ワインは、
我が家の夏の風物詩ですよ。

2010.06.16(Wed) 12:29 | URL | ナベヲ@HP|編集

●りきりきさんへ

きれいですよね。上は夕方で、下は朝の写真です。またゆっくり行きたいな~。
素麺もおいしくて、3人で何人前食べたんだろう…相当食べましたよ。
小豆島の素麺は延ばす時にごま油を使ってるんで、なんとなくコクとか
風味も他のところと違うような気もします。おすすめです♪



●ぴっぴさんへ

やっぱりね、小豆島素麺は他の素麺と違ってコシが強くておいしいですよ~。
美味しいもの好きのぴっぴさん、買って食べるのもいいけど、日帰りで
行かれるようだし、本場で食べるのもいいですよね。

そして親近感もって下さってありがとう!そうです、同じ四国にいたんです。
島だけど。あ、でも空気感が柔らかいとしたら、今住んでる所が都会からは
かけ離れた所だからじゃ…?



●あなきょんじゃさんへ

ドラマは見てなかったけど、たまにちらっと予告とか、あと坂井真紀さんが
スタジオパークに出た時に見たので、何となくは目にしていました。そうか
あの、走っていた砂浜は小豆島だったんですね。

島暮らし、そういえば八丈島から帰られた後はしばらく島時間でしたね。
確かに島って、時間ゆっくりでいいですよね。



●ぴっぴさんへ

いいドラマだったんですか。見ればよかったな。
壇れいさんって、金麦のCMの方ですよね。私も好き。衝撃的な美しさ。



●さとちんへ

そうそう、オリーブ園とかあって、今はかなり有名だよね。こっちに
戻って来る時にオリーブの木の苗木を持って来たよ。結構大きくなったん
だけど、しばらく犬を繋いでいたらいつのまにか枯れた(笑)



●おばはんさんへ

格子戸、いいですよねー。風情があって。子供の頃は何とも思わなかった
けど、大人になって行ってみて、なんて素敵な暮らしをしていたんだろうと
思いました。
小さな家族だけでやってらっしゃる醤油屋さんもありますね。何度か
取り寄せもしました。瀬戸物製タンクだなんて、古き良き時代ですねー。
ゆっくりと、丁寧に暮らしていたんでしょうね。



●ナべヲさんへ

ミニチュアな私、可愛かったの、本当に。全く物怖じしないおませな子だった
と母が懐かしんでたよ。
でも想像されると、少し照れるー(笑)

小豆島のオリーブおいしいよね。白ワインに合いそう、間違いない。
そういえば我が家も最近白ワインに目覚めた。ずーっと赤が好きと思ってた
けど、夏はやっぱり冷えた白ワイン、いいよね!

2010.06.16(Wed) 23:25 | URL | ☆まっちゃん|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://tsubu10.blog25.fc2.com/tb.php/683-d40479dd

| main |

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
2005年12月、突然ダルメシアンを育てることに!大変だった子犬時代が終わりようやく一段落、と思ったらチワワがやってきて…。

つぶ…つぶつぶ多めのダルメシアン。
   ♀10歳。15キロ前後。

テン…チワワ。♀8歳。
   体重4.6キロ。
   太ってるというか、長い。
   
ポコ…実家から引き取ったチワワ。♀8歳。
   体重3.6キロ。
   糖尿病。

夫…人生で初めての犬ライフも10年に。ダルメシアンに愛されている。

コメント歓迎してます。でも、コソッと読んでクスッと笑ってくださるのも嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

CalendArchive

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。