スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- │Comment- | Trackback-│編集

まさかに次ぐまさか(また今回も途中まで)

えーっと、暑いですね。





なんでこんなに暑いのですか?あまりに暑いので前回からどのくらいの時間が経ったのかわからなくなってしまいましたがようやく続きです。待っていて下さった全国数人の皆様、お待たせいたしました!




何を書いていいのか暑過ぎですぐには思い出せませんが、そう、ポコ(実家チワワ)ですね。うちで引き取ってインスリンを朝晩打って散歩もして元気になって一安心していたのが前々回の記事の頃ですがその直後今度は低血糖に悩まされることになりました。

すみませんが今日はしばらく文章のみで一気に行きます。





一番最初の病院での説明で、インスリンを打って例えばふらつくとか低血糖の状態になったら糖分の高い物を与えるように言われていました。低血糖をそのままにしておくと意識障害に陥って最悪死亡することがあるので怖いのは高血糖より低血糖だと。とは言っても最初の2週間は問題ありませんでしたのでそういうことは稀なことなのかと思っていました。




しかしある日散歩で歩かなくて家に帰って来たら微妙にふらっとしたように感じました。そして「これが低血糖か!」と思い急いで用意してあったカステラを食べさせたら元に戻りました。でもその後から何度もふらつくようになってしまい病院の先生には注射をしたらおやつを多めにあげるように指示されました。




が、一向に治まらず日に何度か症状が出る時もあり仕事もセーブしてなるべく留守番もさせないように気を付けていましたがある日の早朝、まだ6時前でみんな寝ていた時に大きな痙攣を伴う大発作を起こしてしまいました。もうこちらもパニックですが蜂蜜を指に付けて口をこじ開けて上あごの粘膜の所に擦り込みました。体をバタつかせて悶えていたポコでしたが蜂蜜が効いたようでしばらくすると普通に起き上がりました。

意識はないけどすごい力で歯を食いしばるので指がちぎれるかと思いましたが人間必死な時はなんとかやるものだと今思い出してもこの時の自分はよくやったと思います。でもその後数日間指は腫れあがって曲げられないしあちこち歯型だらけみっともなかったですし今でも爪に内出血した部分が残っています。




そしてポコはそれまでの低血糖の記録と一緒に入院させて血糖の状態を調べてもらいました。




退院するポコを迎えに行った時先生にポコは血糖を自分で下げることが出来ていると言われました。普通はインスリンを打って一度下がったらまた次のインスリンを打つまで上がって行くけどポコの血糖は下がったり上がったりしてると。その下がってる時に次のインスリンが効いてしまって低血糖になっていたらしいのですが先生がおっしゃるにはうちでの食事や生活がポコにとても合っていてと落ち着いた状態になったのではないかということでした。そしてインスリンもそれまで朝晩4単位ずつだったのが朝のみ2単位と大幅に減らされました。なんと言っても夜にインスリンを打たなくて良いというのは人間にとっても嬉しいことです。それまで仕事から帰って来てご飯を食べさせ1時間後にインスリンを打つまでビールを飲まない生活でしたから。




しかしまあ糖尿病だけでもまさかなのにまさか低血糖でこんなに悩まされるとは思っていなかったです。この記事を書くのに確認したらポコの低血糖が続いていた2週間はほとんど犬たちの写真がありませんでした。本当に切羽詰まっていたようです。




人間もポコ本人もつぶテンも大変な2週間でしたがその後一度も低血糖の症状は出ていません。




めでたしめでたし。




とは、まだ行かないのです。





ここでピンと来た方、するどいです。そうです、続きは次回に書こうかなと思います。思い出しながら長々書いていたら脳みそが沸騰なう!てことでビール飲みまーす♪





あ、でも文だけではな何なのでここ最近の犬たちのかわいい姿を見て下さい。



並んで歩くチワワズ

一緒
ポコ「ねぇテン、あたしが来て嬉しいでしょ?」
テン「テンちゃんノーコメント」


末っ子だったテンはだいぶ戸惑ったと思いますが今は落ち着いています。





なんかくれくれ状態の犬たち。

ごはんごはーん
ポコ「お腹空いたー!」

ポコが一番威張ってます。





通れなくて困ってるつぶ(ダルメシアン)

通れません
つぶ「テンが分身の術を使ったのかしら?」

毛の長さは違いますがよく似たチワワズです。




それでは暑い夏、よく冷えたビールを飲んで乗り切りましょう!

ビア!


ではまた!

| ぽこ | 22:08 │Comments2 | Trackback-│編集

コメント

お見事です!
ニンゲンの糖尿病患者さん(一部の)に見習っていただきたいほどです!
ぽこちゃんは幸せです。
無事にビールが飲めるようになって何よりですね㊗

2015.08.02(Sun) 21:10 | URL | じゅり|編集

●じゅりさんへ
おお、こちらにコメントありがとうございます!
私も糖尿病の知識がだいぶつきました。なるべく元気でいてもらえるようサポートして行きたいと思います。
やっぱり帰って来たらビール飲みたいので幸せです(笑)

2015.08.02(Sun) 22:57 | URL | ★まっちゃん|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| main |

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
2005年12月、突然ダルメシアンを育てることに!大変だった子犬時代が終わりようやく一段落、と思ったらチワワがやってきて…。

つぶ…つぶつぶ多めのダルメシアン。
   ♀11歳。15キロ前後。

テン…チワワ。♀10歳。
   体重4.6キロ。
   太ってるというか、長い。
   
ポコ…実家から引き取ったチワワ。♀9歳。
   体重3.6キロ。
   糖尿病。

夫…人生で初めての犬ライフも10年に。ダルメシアンに愛されている。

コメント歓迎してます。でも、コソッと読んでクスッと笑ってくださるのも嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

CalendArchive

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。