まさかの先の明るい未来 シリーズまさかはまだ続いていた


白内障手で目が見えるようになったポコ(実家チワワ)、だいぶ落ち着いたある日カーテンを頭に乗せて外を見ていたのでそーっと写真を撮りました。

IMG_9535.jpg
ふんふんふ〜ん♪

後ろ姿でもなんだかご機嫌な感じが伝わって来ます。





ポコ何が見える?

IMG_9538.jpg
アタシの明るい未来よ

そう、シリーズまさかの2番目だったでしょうか、ポコの近い未来は文字通り明るくなると書きました。





その未来はまさに今です。今は何でもつぶ(ダルメシアン)とテン(大きなチワワ)と同じものが見えます。

IMG_8623.jpg
つぶ「あれ猫ちゃんじゃない?」
テン「どこどこ?」
ポコ「いたいた!」




つぶと同じ風景も

IMG_8948.jpg
ポコ「つぶオナラしないでよ」
つぶ(もうしちゃったのは内緒よ)




もちろんテンと同じ風景も

IMG_8902_20150829234002847.jpg
テン「テンちゃん見張りがお仕事なのよ」
ポコ「アタシもできるわ」


しっかり見えています。




わたしのこともちゃんと見えています。

IMG_8412.jpg
テン「テンちゃんはおやつを見てるのよ」
ポコ「アタシもおやつ!」


おやつでもいいです。見えない時は鼻先に近づけないと食べ物だとわかりませんでしたから。




散歩も出来るようになりリードと首輪も3匹同じ物を新調しました。

IMG_0543.jpg
テン「テンちゃんペースメーカーなのよね」

ね。ポコはみんなと逆に行こうとしたりもう帰りたいと他所の車に乗ろうとすることもありますがテンと一緒だとよく歩きます。





階段を上ろうとするとよくこんな風に上から見下ろされます。

IMG_8419.jpg
まっちゃんおやつまだー?

まだよー


IMG_8720.jpg
そろそろご飯じゃない?

そろそろねー




このようによく見えてるようになって、それが普通になって、たぶんポコにはもう見えなかった記憶はなく明るい世界を生きていると思います。それがとても嬉しいですし、ポコが落ち着いて生活するようになりつぶテンも落ち着いてペースを取り戻しました。糖尿病が治った訳ではないですがそれはずっと付き合うものですし、あまり先を見ないでまた何かあったらその都度考えて対処していこうと思います。ということで、ほんの数ヶ月前の私たちにとっても今が明るい未来です。




シリーズまさかこれにて本当に完結です。ではまた!


| ぽこ | 00:44 │Comments1 | Trackback-│編集

コメント

本当に
明るい世界へおかえりなさい。
ポコちゃん、見張り番がんばってね。

2015.08.30(Sun) 11:14 | URL | りきりき|編集

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

| main |

プロフィール

まっちゃん

Author:まっちゃん
2005年12月、突然ダルメシアンを育てることに!大変だった子犬時代が終わりようやく一段落、と思ったらチワワがやってきて…。

つぶ…つぶつぶ多めのダルメシアン。
   ♀11歳。15キロ前後。

テン…チワワ。♀10歳。
   体重4.6キロ。
   太ってるというか、長い。
   
ポコ…実家から引き取ったチワワ。♀9歳。
   体重3.6キロ。
   糖尿病。

夫…人生で初めての犬ライフも10年に。ダルメシアンに愛されている。

コメント歓迎してます。でも、コソッと読んでクスッと笑ってくださるのも嬉しいです。

にほんブログ村 犬ブログ ダルメシアンへ
にほんブログ村 犬ブログ チワワへ

CalendArchive

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

QRコード

QRコード

ブログ内検索